平針かとう整形外科で行うリハビリテーションの内容

当院のリハビリテーションに対する考え方 施術・体についてを紹介します。

ホーム>リハビリテーション

リハビリテーションについて

当院での取り組み

リハビリテーション(=理学療法)とは、障害やけがの起こってしまった身体に対し、その機能を回復させるためにさまざまなアプローチをするための診療科です。
温熱治療、牽引治療、低周波治療、干渉波治療などの物理療法と、マッサージやストレッチ、筋力訓練、体操などの運動療法を、理学療法士が中心になり機能回復に向けてサポートします。
運動療法は、物理療法のほかに単位制となっており、運動療法に関して、当院では予約制をとっております。

スポーツ

リハビリテーションとは?

人の体は、非常に多くの関節からできており、それらが連動して一つの動作をしています。
従って、何処かが痛いという症状があった時その部分の問題だけで解決する訳ではありません。
当院では、スポーツをする人もしない人も、子供から高齢者まで、それぞれの状態に応じて、予防も考えての体づくりを目標としています。

動作をする時、何処かの動きが悪いと、別の部でそれを補うように動きます。その補い方が無理のない範囲であればよいですが、能力を超えた補い方になると、負担になり、故障してきます。これは、スポーツでも、日常生活でも要求レベルの違いはあっても、基本的には同じです。

例えば、五十肩のリハビリを考えます。
肩関節は、胸郭に肩甲骨が乗っかて(肩甲胸郭関節)、肩甲骨に腕の骨が繋がっていて(肩甲上腕関節)これらが一定のリズムで動いています。
このリズムが崩れると無理がかかった部分で炎症がおこり痛みが出現し、そのうち関節が硬くなるのが五十肩です。
このリハビリを考える時、肩甲胸郭、肩甲上腕それぞれの関節の動きを改善することがまず重要ですが、もともと、肩関節の動きのリズムが崩れる原因がある訳で、これを放置すればまた炎症がおこり病態が繰り返される可能性があります。胸郭と同時に、頸椎とも筋肉で繋がっています。胸郭は胸椎から出た肋骨で作られています。
頸椎から胸椎・胸郭の動きがまず最も肩の動きに関係しますが、胸郭・胸椎の動きは、腰椎・骨盤・股関節の動きに影響を受け、さらに腰椎・骨盤・股関節も、膝関節、足関節、立ち方の重心、姿勢などからも影響を受けます。
従って、肩だけを診て考えるのではなく、ほとんど全身を診て考えていく形となります。
実際、足関節の安定をよくするようにして、肩こりや、肩関節の動きがよくなる事もあります。
投球障害における故障もよいフォームを考える時、足や股関節下半身から考えていきます。

理学療法士が、このような考えのもとに全身的に診ながら治療を考え、進めていきます。
これは、スポーツをしている人の故障も、日常生活動作における痛みも、若者も、中年も高齢者も皆、それぞれの状態、体に合わせて、診て、考え、治療していきます。

平針かとう整形外科 外観

当院のリハビリテーションルーム

・よりリラックスした状態で気持ち良く処置を受けていただけるように、明るく広々とした作りになっています。
・多くの検査器具、医療機器を備えており、経験豊富な専門スタッフが患者様の悩みや不安に対し、的確なアドバイスをいたします。
・ギブス固定、テ-ピング、サポータ-、コルセット、装具などの処置も行います。

リハビリテーションルーム

▲ このページのTOPへ

Copyright © Hirabari Kato Orthopaediccs .All rights reserved.