平針かとう整形外科の診療内容紹介

当院でできる診断内容 整形外科の専門的な部分を紹介します

ホーム>診断内容

診断内容について

整形外科で施術できる箇所

骨や筋肉、関節、靭帯、神経など、運動時に必要な部位を主に取り扱います。
骨や筋肉、関節といえば身体が正しく「動く」ために必要不可欠な器官です。

整形外科で行う治療の目的・内容

整形外科では、手足、首腰などの各関節の動きが、正しくスムーズに、痛みなく行えるようにすることが治療の目的です。
関節を動かす筋肉の疲労から来る筋肉の痛み、肩こりなどや、負担による関節の炎症、腱鞘炎など、また、捻挫や、脱臼、骨折などの外傷、等々、非常に多岐にわたっています。
さらにその中でも専門分野に分かれています。
どの診療科に掛かって良いのかわからない場合でも、上記に挙げたような症状があれば整形外科で診ることができます。その後、さらに専門分野の病院へ紹介を行うことも出来ますので、安心してご来院ください。

当院で施術するリウマチの診療

本来は外から侵入してくる細菌やウイルスなどの自己と異なる異物を認識し排除する役割を持つ免疫系が、自分自身の正常な細部や組織に対して、誤って異物と認識して攻撃してしまう病気を自己免疫性疾患(=膠原病)と言います。
その中で、関節を主に攻撃破壊してしまうものが関節リウマチです。両側の手指関節の痛みや腫れ、こわばり、変形などがよくみられますが、肘や肩関節、股関節や膝や足関節、頸椎などいろいろな関節にも発症します。
もしかして可能性がありそうな人は、早めの受診をお勧めします。変形を起こす前の早期発見、早期治療が重要です。

イラストの症状はご相談下さい

各イラストにある項目の痛みや、こり、炎症などは、ご相談ください。
その他脱臼・骨折・交通事故などの対応もさせて頂きます。
お問い合わせ

診断内容について

▲ このページのTOPへ

Copyright © Hirabari Kato Orthopaediccs .All rights reserved.